時とともに忘れても
続いていく
道の途中で
不意によぎる
懐かしさ