悲しみの底から
這い上がれたのは
惜別を越えた
温もり
憶えていたから