2010年10月

憶えていたから

悲しみの底から
這い上がれたのは
惜別を越えた
温もり
憶えていたから

一緒に歩いた記憶

時の流れに
押し流されて
しまうかもしれないけど
私はきっと憶えてる
一緒に歩いた記憶

自らの歩み

試行を
重ね
導き出す
自らの道
自らの歩み

地平線近くの

地平線近くの
焼けつくような
大きな紅い月
時間とともに
橙色に冴えていく
記事検索
プロフィール

中澤京華

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ