「五行歌の会」第二次草壁塾 二月

昨日、2018年2月8日開催の第二次草壁塾二月に参加しました。
内容は下記になります。

第四十五回 藤原定家、百人一首
第四十六回 西行、新古今和歌集

概要としては『新古今和歌集』、『新勅撰和歌集』の撰者として有名な他、国宝にも指定されている『明月記』や『小倉百人一首』を残し、『源氏物語』、『土佐日記』などの古典の書写・注釈にも携わり、定家仮名遣を残した藤原定家の和歌十七首を鑑賞した後、百人一首二十九首についても鑑賞しました。また、後鳥羽上皇にも好まれ、藤原俊成とともに新古今の新風形成に大きな影響を与えた歌人西行の和歌十四首についても鑑賞した後、『新古今和歌集』についても、巻一、五首、巻二、三首、巻三、六首、巻四、九首、巻五、八首、巻六、六首、巻八、二首、巻九、一首、巻十一、二首、巻十三、一首、巻十六、一首、巻十七、四首、他にも参考歌として、『拾遺愚草』、『夫木抄』、『建久二年冬左大将家詠倭歌』からの十二首を草壁焔太主宰の解説とともに鑑賞しました。


※「五行歌の会」公式ホームページ

Endless Letter 

「五行歌の会」第二次草壁塾 一月

昨日、2018年1月11日開催の第二次草壁塾一月に参加しました。
内容は下記になります。

第四十一回 中世・近世の文芸について
第四十二回 心敬 連歌論 有心体について
第四十三回 心敬 連歌論 連歌十体、幽玄体について
第四十四回 京極為兼 藤原定家の影響、超絶描写

概要としては新古今ののち、室町時代、足利時代などの戦国時代は武家や地下の詩歌人による二条流の和歌が流行し、江戸時代にも教養科目の一つとして教えられ、歌会も度々開かれていたが、武家が権威を持ち天下を従えた自己喪失の時代は芭蕉、蕪村が現れるまでは文芸史上では闇の時代ともいえることについて、心敬の連歌論を通して草壁焔太主宰からの詳細な解説がありました。また、心敬の他、今川了俊、正徹、徳川光圀、釣月、香川景樹、良寛、橘曙覧、京極為兼の作品についても味わいました。

「五行歌の会」公式ホームページ 

Endless Letter 

「五行歌の会」第二次草壁塾 十二月

昨日、2017年12月14日開催の第二次草壁塾十二月に参加しました。
内容は下記になります。

第三十七回 与謝蕪村、小林一茶
第三十八回 本居宣長の古典研究、『古事記』の読解
第三十九回 本居宣長『古事記伝』仮字
第四十 回 「もののあはれ」について、『紫文要領』、『源氏物語の小櫛』

概要としては江戸時代の俳壇的勢力として「芭蕉に帰れ」というスローガンを抱えて活躍した与謝蕪村と小林一茶の作品にふれた後、同じ頃、賀茂真淵の薫陶を受け、国学研究者として多くの門下を抱え、『古事記』を代表とした日本の古い歴史書の研究に取り組み、『古事記伝』を著わした本居宣長について学び、『古事記伝』に収められた「直毘霊」からの抜粋文について草壁焔太主宰の解説がありました。また、本居宣長の著作『紫文要領』や『源氏物語の小櫛』からの抜粋文で「もののあはれ」についての解説がありました。

「五行歌の会」公式ホームページ 

Endless Letter 



「五行歌の会」第二次草壁塾 十一月

昨日、2017年11月9日開催の第二次草壁塾十一月に参加しました。
内容は下記になります。

第三十三回 松尾芭蕉の代表作「奥の細道」
第三十四回 松尾芭蕉とその門下
第三十五回 向井去来の「去来抄」
第三十六回 服部土芳の「三冊子」

概要としては松尾芭蕉が大淀三千風の「松島眺望集」刊行を機に江戸で古くから流行っていた万句興業や談林派俳諧から離れ、旅の中から思いの道を究め、真の蕉風を確立し、命の連鎖、森羅万象、気象現象などを心の目で見る宇宙観で書いた雄渾の句について学びました。また、芭蕉は多くの門人を各地に獲得しましたが、その一人である向井去来が著した「去来抄」、服部土芳が著した「三冊子」についても草壁焔太主宰による詳細な解説がありました。

「五行歌の会」公式ホームページ 

Endless Letter 

「五行歌の会」第二次草壁塾 十月

昨日、2017年10月12日開催の第二次草壁塾十月に参加しました。
内容は下記になります。

第二十九回 石川啄木の継承としての五行歌
第三十 回 自由詩人、八木重吉と山村暮鳥
第三十一回 芭蕉という人
第三十二回 芭蕉、紀行期に入る

概要としては草壁焔太主宰が詩歌の道へ進んだのは幼少の頃、お父さんがほろっと呟いた石川啄木の歌を耳にし、とても感動して、「五七五七七」の短歌について教わり、幼心に歌作りへの憧れの思いを抱いたのがきっかけだったというエピソードから言葉の呼吸に対する感覚や間についての個性の違いについて考えるようになり、伝統的な和歌より自然な新しい詩歌の形として五行で書く詩歌を五行歌として理論づけたことの詳しい解説の後、明治時代の自由詩人の八木重吉と山村暮鳥の短詩の作品にふれ、東洋的な静かな詩境について学びました。その後、海外でも理解される江戸時代の文学である俳諧で有名な俳人、松尾芭蕉が「湖月抄」を著わした北村季吟の門下であったことやその頃、連歌や連句が流行っていた中で芭蕉は擬漢詩体を書くようになった経緯を経て、紀行文を書くことに目覚め、「奥の細道」を代表とする紀行文で思いの道を究めていったことについて、年代ごとの俳句を辿りながら、細やかな解説がありました。

「五行歌の会」公式ホームページ 

Endless Letter 
プロフィール

中澤京華

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ